イベント・ニュース

【3月19日(火)】SDGsのその先、2050年を見据えて。「未来につなぐ命~SSIの理念と取組」大阪大学シンポジウムご案内

2019.03.01

社会ソリューションイニシアティブ(SSI)は、今年度に本格始動した大阪大学発のシンクタンクです。SSIは、2050年を見据え、SDGsを重要な道標としつつ、「命を大切にし、一人一人が 輝く社会」を目指し、命を「まもる」「はぐくむ」「つなぐ」という視点から、日本や世界が直面する様々な課題についてみなさまと共に解決策を探求し提案してまいります。

今回のシンポジウムでは、SSIの理念、取組方法、活動実績、今後の計画等を報告するとともに、社会課題の解決に向けて、現場で最先端の研究・活動をしている実践者をお招きし、30年後の社会について、コミュニティ、教育、防災など幅広い観点から議論し、みなさまとビジョンを共有します。ビジョンを目指し、互いに助けあって、新しい時代を迎えたい-そんな思いをもって船出するSSIの旅の仲間になっていただける方のお越しをお待ちしています。

 

  • イベント名:第1回 社会ソリューションイニシアティブ(SSI)シンポジウム

「未来につなぐ命~SSIの理念と取組~」

 

主催:大阪大学社会ソリューションイニシアティブ(SSI)

 

協力:大阪大学21世紀懐徳堂

 

後援:公益財団法人稲盛財団

公益財団法人サントリー文化財団

公益財団法人松下幸之助記念財団

 

  • 日時:2019年3月19日(火)

シンポジウム 15時~18時

懇親会    18時30分~20時30分

 

  • 場所:大阪大学豊中キャンパス 大阪大学会館 講堂

(懇親会は、大阪大学会館 アセンブリーホールにて)

 

定員:250名(先着順)

 

参加費:シンポジウム:無料、懇親会:2000円

 

  • プログラムの流れ:

◇挨拶   西尾 章治郎 大阪大学総長

◇基調講演 堂目 卓生 大阪大学SSI長・大学院経済学研究科教授

「命を大切にし、一人一人が輝く社会を目指して ~大阪大学のチャレンジ~」

◇パネルディスカッション「社会課題の解決を通じて見える未来社会」

  稲場 圭信 大阪大学大学院人間科学研究科教授

   テーマ「災害時の新たな支え合い:地域資源(寺社・自治会)×科学技術」

  大竹 文雄 大阪大学大学院経済学研究科教授

   テーマ「エビデンスに基づく政策形成」

  長 有紀枝 立教大学21世紀社会デザイン研究科・社会学部教授

   テーマ「難民の世紀に生きる私たちの視点」

  開(比嘉) 梨香 株式会社カルティベイト代表取締役社長

   テーマ「今こそ求められる離島の潜在力」

  モデレーター:栗本 英世 大阪大学SSI副長・大学院人間科学研究科教授

 

  • 申込方法:ホームページのフォームからのお申込み

https://21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp/ssisympo1

※シンポジウム・懇親会とも、フォームからのお申込みをお願いします。

※申込締め切りは3月8日(金)ですが、定員になりましたら早期に締め切る場合があります

 

  • 関連Webページ:

第1回SSIシンポジウム案内ページ

https://www.osaka-u.ac.jp/ja/news/seminar/2019/03/8086

主催者(大阪大学社会ソリューションイニシアティブ)ページ

http://www.ssi.osaka-u.ac.jp/

 

その他:

参加にあたり特別な配慮が必要な方はフォームにご記入ください。

ただし、ご要望にお応えできない場合もございます。あらかじめご容赦お願いいたします。

 

  • お問い合わせ先:

お問い合わせ先電子メール:ssi@ml.office.osaka-u.ac.jp

 

チラシはこちら

PAGE TOP