イベント・ニュース

トピックス:産官学金連携の『地域おこし×災害支援フードトラックプロジェクト』発足

2018.08.17

関西SDGsプラットフォームの会員である、辻調理師専門学校の参画する

『地域おこし×災害支援フードトラックプロジェクト』のプレスリリースが発表されました。

 

   産官学金連携の『地域おこし×災害支援フードトラックプロジェクト』発足
―SDGs 実現に寄与する「人材育成×社会課題×ビジネス」の社会システムを構築します―

 

「防災の日」である2018 年9 月1 日(土)、慶應義塾大学SFC 研究所社会イノベーション・ラボ(代表:
玉村雅敏、以下SFC 研究所)、辻調理師専門学校(校長:辻芳樹)、株式会社mellow(代表取締役:柏谷泰
行、以下mellow)、鹿児島相互信用金庫(理事長:稲葉直寿)の4 者の呼びかけのもと、「地域おこし×災害
支援フードトラックプロジェクト」を発足します。このプロジェクトでは、長島町(鹿児島県、町長:川添健)
をはじめとした全国各地の自治体や企業・団体等と協力して、多様な主体を結びつけるチカラを持つ「食」の
観点から、「人材育成×社会課題×ビジネス」の相乗効果がある社会システムの構築を推進します。
このプロジェクト開始にあたり、8 月31 日(金)、辻調理師専門学校(大阪市阿倍野区)にて、プロジェク
トの呼びかけを行う4 者による「食による地域おこしと災害支援に関する研究開発に係る連携協定」の締結
式を開催します。また、締結式とあわせて、同会場にて、記者会見ならびに自治体・企業・団体等を対象とし
たプロジェクト説明会、長島町のフードトラック(キッチンカー)型アンテナショップである「長島大陸ブリ
うま食堂」による食材提供のデモンストレーションを行います。
なお、2018 年度後半を目処に、準備が整い次第、大阪市と東京都にて、教育プログラムと連携した「地域
おこし×災害支援フードトラック」を運行する予定です。

 

★詳しくはこちらをご覧ください★

PAGE TOP