イベント・ニュース

【10月11日(金)】大阪大学:SSI基幹プロジェクトキックオフシンポジウム「アフリカの『いのち』に寄り添い、学び、共にいきること」

2019.10.04

このたび、「アフリカの『いのち』に寄り添い、学び、共に生きること」をテーマに、SSIの基幹プロジェクト「アフリカの非正規市街地をフィールドとした持続型都市社会モデルの構築」キックオフシンポジウムを行います。

岡村善文アフリカ開発会議担当大使をお招きして基調講演をお願いし、木多道宏教授、バージル・ホーキンス准教授という気鋭の研究者が報告します。

アフリカには人の生き方、共生のあり方を考えるための手がかりがあり、講演会においてそれを、学内外の研究者、大学院生・学部生、企業や非営利組織、行政のみなさまほか参加者の皆様と共有することにより、未来社会を構想するための機会として、自由な対話をしたいと思います。

 

■イベント名

大阪大学:SSI基幹プロジェクトキックオフシンポジウム

「アフリカの『いのち』に寄り添い、学び、共にいきること」

 

■主催・共催・後援等

主催:大阪大学社会ソリューションイニシアティブ

(SSI基幹プロジェクト:アフリカの非正規市街地をフィールドとした持続型都市社会モデルの構築)

共催:大阪大学大学院国際公共政策研究科

後援:JICA関西

 

■日時

2019年10月11日(金)15時~17時30分(懇親会18時~20時)

 

■場所

大阪大学豊中キャンパス 大阪大学大学院国際公共政策研究科棟2階 OSIPP講義シアター

(最寄り:石橋阪大前駅、柴原阪大前駅)

 

■定員

100名

 

■参加費

シンポジウム:無料、懇親会:1000円

 

■プログラムの流れ

<第1部>SSI公開講演会 (OSIPP講義シアター) 15:00~17:30

  開会挨拶: 堂目 卓生教授 SSI長/経済学研究科

  基調講演: 岡村 善文氏 国際平和貢献担当日本政府代表、アフリカ開発会議(TICAD)担当大使

  「日本人だから,アフリカの扉が開く-社会・文化の共感」

  報告1: 木多 道宏教授 SSI企画調整室長/工学研究科

  「アフリカ・ガーナにおけるコミュニティの自律と継承」

  報告2: HAWKINS, Virgil 准教授 国際公共政策研究科

  「アフリカとの貿易:よりフェアな関係へ」

  休憩 (15分)

  パネル・ディスカッション( モデレーター:栗本英世教授 SSI副長/人間科学研究科)

 

<第2部>懇親会 (大阪大学会館SSI豊中ラウンジ) 18:00~20:00

 

■申し込み方法

メール:ssi@ml.office.osaka-u.ac.jpに(1)お名前、(2)ご所属、(3)懇親会参加の有無をお知らせください。

 

■関連Webページ

イベント情報

http://www.ssi.osaka-u.ac.jp/activity/other/africasympo/

 

■お問合せ先

社会ソリューションイニシアティブ(SSI)

メールアドレス:ssi@ml.office.osaka-u.ac.jp

 

※チラシはこちら

PAGE TOP