イベント・ニュース

【11月25日(月)】アジアビジネスにおけるSDGs実装化に向けて~好事例に学ぶ~

2019.11.08

関西においては2025年大阪・関西万博の中心的コンセプトのひとつにSDGsが掲げられており、また企業活動においてはサプライチェーンがグローバル化していることに伴い自社及び海外の調達先におけるディーセント・ワークの達成を実現するためのSDGs実装化戦略が、持続可能なビジネスの成長の鍵となります。

本シンポジウムでは、EU・ILO・OECD協働プロジェクトで実施した日本と中国での調査をもとに、企業がSDGsを実装化していくうえで指針となる好事例やSDGsに積極的に取り組む企業や国際機関等の情報を提供いたします。

 

■イベント名

アジアビジネスにおけるSDGs実装化に向けて~好事例に学ぶ~

 

■主催・共催・後援等

主催:一般財団法人アジア太平洋研究所(APIR)

共催:国際労働機関(ILO)

後援:関西SDGsプラットフォーム

 

■日時

2019年11月25日(月)14:00~16:30

 

■場所

ナレッジキャピタル カンファレンスルーム RoomC01+02

 

■定員

150名

 

■参加費

無料

 

■プログラムの流れ

〇基調講演

 「SDGs実装化戦略~ILOプロジェクトを事例に~(仮題)」

   後藤健太 アジア太平洋研究所 主席研究員、関西大学教授

 「中国の電子・電機産業における責任ある労働慣行~好事例と課題、提言~(仮題)」

   黄昆 中国労働和社会保障科学研究院 副主任兼副研究員

〇パネルディスカッション

 コーディネーター:後藤健太 氏

 パネリスト   :黄昆 氏

          別府幹雄 コニカミノルタ関西支社 副支社長

          内海美保 近畿経済産業局 地域経済部次長

 

■申し込み方法

kouenkai@apir.or.jpに企業・団体名、氏名、所属、役職を日本語と英語で、連絡先(電話とE-mail)を含めご連絡ください。

Webからも申込みできます。

 

■関連Webページ

https://www.apir.or.jp/event/

 

■お問い合わせ先

一般財団法人アジア太平洋研究所(APIR)

電話:06-6485-7692

メールアドレス:kouenkai@apir.or.jp

 

PAGE TOP