イベント・ニュース

【10月28日(木)】サーキュラーエコノミーの今後の動向

2021.10.08

サーキュラーエコノミーは欧州が打ち出した資源循環を通じた経済の在り方に関する政策で、これまでの調達、製造、消費、廃棄といった一方向の流れでなく、これらの価値を目減りさせずに何度も繰り返し、永続的に再生・再利用し続けるビジネスモデルです。
しかしながら、サーキュラーエコノミーもコロナウイルス感染症の影響を大きく受け、これまでと変わっていくことが見込まれます。
今回のセミナーでは同志社大学名誉教授の郡嶌先生にポストコロナ社会の循環ビジネスについて基調講演をいただくとともに、株式会社セブン&アイ・ホールディングス様から企業におけるサーキュラーエコノミーの事例をご講演いただきます。

 

■関連するSDGsゴール

9,11,12,13,14

 

■主催

主催団体:おおさかATCグリーンエコプラザ実行委員会
(大阪市、ATC、日本経済新聞社)

 

■日付

10月28日(木)

 

■時間

14:00~16:00

 

■場所

エコプラザセミナールームと
「ZOOM」アプリ使用のオンライン同時開催

 

■定員

会場:30名/オンライン:100名(要申込)

 

■参加費

無料

 

■プログラムの流れ

①基調講演「循環経済とビジネス ~ポストコロナ社会の循環ビジネス~」
講師:同志社大学名誉教授 郡嶌 孝 氏

②講演「地域における循環型社会実現への取り組み」
講師:株式会社セブン&アイ・ホールディングス
執行役員 サステナビリティ推進部 シニアオフィサー 釣流 まゆみ 氏 ※リモート登壇

 

■申し込み方法

ホームページ

https://www.ecoplaza.gr.jp/seminar_post/s20211028/

 

■その他

※本セミナーは会場と「ZOOM」アプリ(無料)使用のオンラインセミナー同時開催セミナーです。
会場参加者については感染症対策を実施したうえでのご参加をお願いします。