イベント・ニュース

【6月27日(水)】サイエンスアゴラin京都 京都大学≪超≫SDGsシンポジウム「資源・エネルギーと持続可能性」

2019.05.31

国連SDGsにおいても、複数のゴールにまたがる課題として整理されている資源・エネルギーの課題。特に気候変動やそれと密接に関わるエネルギーについては、2030年を通過点にしつつ、今世紀後半にCO₂排出をプラスマイナスゼロにするという世界的目標が掲げられている。また、昨今、国際的な政治課題としても重視されている海洋プラスチック問題は、化石資源由来製品の在り方をも問い、循環経済(サーキュラーエコノミー)を加速する大きな推進力となっている。このように、大きな転換期にある今、私たちは何をすべきなのか?様々な専門家とともに考えるパネルセッションのほか、学生や若手研究者らによるポスター発表、挑戦的なワークショップなどから、1日かけて紐解いていきたい。

 

「サイエンスアゴラ」については、こちら

http://www.jst.go.jp/sis/scienceagora/

 

  • ■イベント名:

サイエンスアゴラin京都

京都大学≪超≫SDGsシンポジウム「資源・エネルギーと持続可能性」

 

  • ■主催・共催・後援等:

主催:京都大学

共催:国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)、関西SDGsプラットフォーム ほか

企画・運営:科学技術振興機構(JST)

 

  • ■日時:

2019年6月27日

 

■場所:

京都大学時計台百周年記念館

 

  • ■定員:各企画によって異なります

開会・パネルセッション(10:00-12:30)事前予約優先。定員(450人)

国際ワークショップ(13:30-14:30)事前予約優先。定員(450人)

SDGs事始めワークショップ(14:30-16:15) 事前予約優先。定員(60人)

トークセッション(16:30-17:45)事前予約優先。定員(100人)

超SDGsネットワーキングディナー(18:00- )事前予約優先。定員(200人)

 

  • ■参加費:

参加費:無料(ネットワーキングディナーのみ2,000円(学生無料※))

※学生のネットワーキングディナーのみの参加は不可

 

  • ■プログラムの流れ:

10:00-10:10 開会

10:10-12:30パネルセッション

「資源・エネルギー問題を起点に、パートナーシップでSDGs に挑む」

13:00-16:15 地方創生 SDGs 官民連携PF JST 地域産学官社会連携分科会

13:00-14:30 企業・団体向け「SDGs 入門」

13:30-14:30 国際ワークショップ「レジリエントな低炭素社会の構想」

14:30-16:15 SDGs 事始めワークショップ

16:30-17:45 SDGs に関するもやもや感を少しでも解消!「超SDGs 道場」

18:00- 超SDGsネットワーキングディナー

 

  • ■申込方法:

参加申し込みはこちら(https://forms.gle/JpN6WyLbqb4at8kW7)から!

※JST 分科会及びセミナーは別途、各主催者への申込が必要となります。

※事前申し込み優先!定員になり次第締め切り

 

  • ■関連Webページ:

参加に関する情報はJSTホームページ(https://www.jst.go.jp/sdgs/events/20190627.html) をご覧ください。

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)HP

https://www.jst.go.jp/sdgs/

京大オリジナルHP(https://www.kyodai-original.co.jp/?p=4305

 

  • ■その他:

==========なぜ『超』SDGs?==========

京都大学においては、SDGs(国連の持続可能な開発目標)の達成に資する研究・教育・社会貢献活動が、長年、多様な形で展開されてきた。そして、SDGsの概念や年限を超えたものも多く存在する。言葉にかえれば、本学の理念にある「地球社会の調和ある共存」に集約されるかもしれない。それらも評価され、世界の大学SDGsランキング(タイムズハイヤーエデュケーション)では、日本一位にランキングされた。生態系や地域を含む地球社会的な視野で、世代を超えた構成員の英知を集め、多様な議論や営みを持続させるという決意を込めて、『超』SDGsをタイトルにしている。

 

 

==========各企画について==========

開会 北野正雄 京都大学理事・副学長(10:00-10:10 1Fホール)

 

パネルセッション(10:10-12:30 1Fホール)

「資源・エネルギー問題を起点に、パートナーシップでSDGsに挑む」

資源・エネルギー問題に関する国や地域、企業における取り組みの先端を知ると同時に、SDGs 達成やその先を見据えた議論を行い、 産官学連携に向けた視座・ヒントを得ることを目的とする。

 

≪登壇予定者(敬称略)≫

末吉竹二郎 気候変動イニシアティブ/WWFジャパン 代表

門川大作  京都市 市長

山下良則  ㈱リコー 社長

山本昌宏  環境省 環境再生・資源循環局 局長

高瀬幸子  近畿経済産業局 通商部 企画官

真先正人  科学技術振興機構(JST)理事

諸富徹   京都大学地球環境学堂 教授

コーディネーター:

酒井伸一  京都大学環境科学センター 教授

対象:どなたでも参加可能

参加申し込みはこちら(https://forms.gle/JpN6WyLbqb4at8kW7)から!

事前予約優先。定員(450人)になり次第締め切り。

 

国際ワークショップ(13:30-14:30 2Fホール)

「レジリエントな低炭素社会の構想」

若手研究者を中心とした気候変動及び資源循環に関する、ポスターセッション(日本語/English)を実施する。未来の担い手と直接じっくり話し合えるチャンス!

※ポスター募集情報はこちら:http://eco.kyoto-u.ac.jp/?p=5516

企画・運営:京都大学地球環境学堂

対象:どなたでも参加可能

参加(見学)申し込みはこちら(https://forms.gle/JpN6WyLbqb4at8kW7)から!

当日参加も歓迎。

 

地方創生SDGs官民連携PF JST地域産学官社会連携分科会

「わたしのまちのスマートモビリティ2030」(13:00-16:15 2Fホール)

第1 部:ピッチトーク 第2 部:ディスカッション

大人、子ども、高齢者、障害者、外国人など様々な人にとって魅力的で、環境にやさしく、持続可能なわたしたちのまちの未来の交通とは?

行政、研究者、企業、金融機関、学生、市民が集い、地域が抱える課題、課題を解決するための技術や取り組みを紹介しあい、地域視点で未来の交通や移動について考える。

企画・運営:科学技術振興機構(JST)

参加に関する情報はJSTホームページ(https://www.jst.go.jp/sdgs/)をご覧ください。

 

SDGs事始めワークショップ(14:30-16:15 2Fホール)

SDGs の基本理解をはかると同時に、超SDGs的視点への足掛かりを得るためのワークショップ。豪華賞品をめがけて、国際WSのポスターも活用しつつ、学生と社会人の混成で、世代や専門分野を超えて取組んで頂く予定。

 

企画・運営:エコ~るど京大

対象:どなたでも参加可能

参加申し込みはこちら(https://forms.gle/JpN6WyLbqb4at8kW7)から!

事前予約優先。定員(60人)になり次第締め切り。

 

企業向けセミナー(13:00-14:30 2Fホール)

企業・団体向けセミナー「SDGs入門」

SDGs 達成に向けての取組が企業等にとっても無視できない今、各企業等が『自分ごと』としてSDGsをとらえてもらうためのセミナー説明会及びミニレクチャーを実施。

企画・運営:京大オリジナル

対象:企業・自治体・各種団体の方々

参加申し込みは京大オリジナルHP(https://www.kyodai-original.co.jp/?p=4305)を確認の上、直接ご連絡ください。

 

トークセッション(16:30-17:45 2Fホール)

SDGsに関するもやもや感を少しでも解消!「超SDGs道場」

SDGs に対する様々な疑問や意見、違和感などについて、前代未聞の全員 参加型でとことん議論!

道場メンバー:宮野公樹(京都大学学際融合教育研究推進センター)

エコ~るど京大メンバー ほか

企画・運営:エコ~るど京大

対象:どなたでも参加可能

参加申し込みはこちら(https://forms.gle/JpN6WyLbqb4at8kW7)から!

事前予約優先。定員(100人)になり次第締め切り。

 

超SDGsネットワーキングディナー(18:00- 2Fホール)

道場の熱をそのままに、こだわりのSDGsディナーと会話を楽しんで!

【参加費2千円/学生無料※】 ※学生はディナーだけの参加は不可

企画・運営:エコ~るど京大

参加申し込みはこちら(https://forms.gle/JpN6WyLbqb4at8kW7)から!

事前予約優先。定員(200人)になり次第締め切り。

 

  • ■お問い合わせ先:

京都大学 地球環境学堂 / エコ~るど京大 超SDGs シンポ事務局

電話:075-753-5922 メール:ecocheck@eprc.kyoto-u.ac.jp

 

★リーフレットはこちら

PAGE TOP