イベント・ニュース

【12月15日(日)】関西SDGsユース・アイデアコンテスト・プレイベント

2019.12.06

「関西SDGsユース・アイデアコンテスト」では1月26日まで関西圏の学生によるSDGsを達成するためのアイデアを募集しております!応募されたアイデアの中から選考し、3 月15日には最終審査会・授賞式を実施します。それに先立ちまして12月15日には、コンテストの理解を深め、「環境」「食品ロス」「SDGs」に関するプレイベントを開催します。

 

■イベント名:

関西SDGsユース・アイデアコンテスト・プレイベント

 

■主催・共催・後援等:

主催:関西SDGsプラットフォーム
共催:読売新聞大阪本社・JICA関西・学校法人立命館
協力:近畿経済産業局・関西広域連合・特定非営利活動法人Deep People、ラジオ関西
後援(申請準備中):大阪府、関西経済連合会、一般社団法人2025年日本国際博覧会協会、特定非営利活動法人キッズデザイン協議会

 

■日時:

12月15日(日)15:00~17:00

 

■場所:

読売新聞大阪本社 ギャラリーよみうり

大阪市北区野崎町5-9 読売大阪ビルB1階

 

■定員:

50名

 

■参加費:

学生:無料・社会人:1000円

 

■プログラムの流れ:

1)関西SDGsユース・アイデアコンテストの説明

2)勉強会アイデアコンテストのテーマや、アイデア発想法に関する勉強会を行います。

・アイデア発想法:キッズデザイン協議会による「こどもOSランゲージ」。既成概念に捕われない子どもたちの思考や行為など“子どもの感性”に着想を得たアイデア発想手法を学んでみよう。

・食品ロス:みなさんご存知の「くら寿司」。お寿司のネタにすることができない不可食部位を活用し、 食品をムダにしない様々な取組みを実施されています。どんな取組みか、またそれが実現するまでのストーリーを聞いてみよう。

・環境問題:“農”を通じた持続可能な社会の実現を目指す「タネノチカラ」。淡路島の耕作放棄地を整備して、永続性の高い豊かな環境で健やかなコミュニティを育むことに挑戦している事例を聞いてみよう。

 

■申込方法:以下URLからお申込みください。

http://www.mikasodai.jp/sdgs-idea-pre/formMail.php


■関連Webページ:

「関西SDGsユース・アイデアコンテスト」応募サイト

https://sdgs-idea.com/

 

■お問い合わせ先:

関西SDGsプラットフォーム事務局(JICA関西内)

大井 Oi.Yoshiko@jica.go.jp

 

※チラシはこちら