イベント・ニュース

【2月21日(金)】企業向け気候変動適応シンポジウム「気候変動がビジネスに及ぼすリスクとチャンスとは」

2020.01.17

2018 年9 月の台風21 号は近畿地域に甚大な被害をもたらしました。
各地で猛威を振るう台風や豪雨以外にも、気候変動による事業活動への影響は様々で、今後さらにリスクが高まることが予測されており、将来にわたり気候変動影響を回避・軽減する「適応」の取組の重要性が高まっています。
また、リスクへの備えとともに気候変動適応をビジネスチャンスとして捉え、戦略的に取り組むことは事業の持続可能性を高め、顧客や投資家等からの信頼獲得や新たな事業機会の創出など、民間企業の競争力を高める観点からも重要であると考えられます。
本シンポジウムでは、金融機関の視点から気候変動・SDGsなど民間企業に求められることについて基調講演をいただくとともに、気候変動適応のリスクとチャンスについての意見交換などを通じて、気候変動適応に関する理解を深めていただき、事業活動における適応の取組を推進することを目的として開催いたします。

 

■イベント名:

企業向け気候変動適応シンポジウム

「気候変動がビジネスに及ぼすリスクとチャンスとは」

 

■ 主催・共催・後援等:

主催:環境省、近畿地方環境事務所

協力:経済産業省近畿経済産業局

実施主体:株式会社地域計画建築研究所(アルパック)

 

■ 日時:

令和2年2月21日(金)13:30~16:00

 

■ 場所:

TKPガーデンシティ東梅田 バンケット6A
(大阪市北区曾根崎2丁目11-16 梅田セントラルビル)

 

■ 定員:

100名(事前申込制、先着順、定員になり次第締め切ります)

 

■参加費:

無料

 

■ プログラムの流れ:

(1)開会挨拶

近畿地方環境事務所長 河本 晃利

(2)主催者講演「気候変動適応の動向と民間企業向け気候変動適応ガイドの解説」

講師:環境省地球環境局総務課気候変動適応室 室長 髙橋 一彰

(3)基調講演「金融機関における気候変動・SDGsへの取り組み~SDGsでビジネスチャンスを~」

講師:株式会社りそな銀行 代表取締役副社長兼執行役員 小坂 肇 氏

(4)パネルディスカッション

1)テーマ

・気候変動がビジネスに及ぼすリスクとチャンスとは

・企業活動における気候変動適応の主流化に向けて

2)パネリスト

・株式会社りそな銀行 コーポレートビジネス部 部長 渡部卓司氏

・環境省地球環境局総務課気候変動適応室 室長 髙橋一彰

・経済産業省産業技術環境局環境政策課地球環境連携室 潮高史 氏

・特定非営利活動法人 事業継続推進機構 理事 藤村雅彦 氏

3)モデレーター

・株式会社地域計画建築研究所(アルパック)役員 畑中直樹

(5)閉  会

 

■ 申込方法:

氏名及びフリガナ、所属、役職、電話番号、メールアドレスを記入の上、2月14日(金)までに下記申込先にメールもしくはFAXにてお申し込み下さい。

申込先:(株)地域計画建築研究所(アルパック)大阪事務所(森野、植松宛)

メールアドレス:tekiou@arpak.co.jp

FAX:06-6205-3601

※メールの場合は、件名「企業向け気候変動適応シンポジウム参加希望」と記載お願い致します。

 

■ 関連Webページ:

http://kinki.env.go.jp/to_2019/post_175.html

 

■お問い合わせ先:

(株)地域計画建築研究所(アルパック)大阪事務所

担当:森野、植松

電話:06-6205-3600

メール:tekiou@arpak.co.jp

 

※チラシはこちら