イベント・ニュース

【2月18日(木)】セロテープ®とニチバンの70年以上のソーシャルな取り組みと、注目の共創型取り組みを仕掛ける今に迫る〈 SDGsゴール No.6, No.8, No.12, No.13 〉

2021.01.29

第 33 回オンライン定例セミナーは、第7回ソーシャルプロダクツ・アワード2020 年度テーマの大賞を受賞したニチバン セロテープの取り組みをご紹介します。

 

昨年12月に開催した当協会主催セミナー「withコロナを振り返る~ニューノーマル時代に必要とされる商品・サービスとは」の中で、大賞受賞商品としてセロテープの取り組みを紹介したところ、「もっとセロテープの取り組みを知りたい」という感想や問い合わせを複数いただきました。

 

そこで、今回はニチバン株式会社 テープ事業本部 上席執行役員本部長 小林英治様をお招きしましてセミナーを開催します。

ソーシャルプロダクツ・アワードの審査員でさえ驚いた、セロテープはほとんど植物からできているという事実。実は70年以上前から、変わらないセロテープの特長だったのです。

 

第1部では小林様にセロテープに取り組んだ70年の歴史や苦労話。第2部ではAPSP事務局メンバーも加わって、「Small Action For Future」と名付けられた流通企業との共創型の取り組みについて、業務用営業現場のお話しを伺います。

 

■イベント名:

【2月18日(木)】セロテープとニチバンの70年以上のソーシャルな取り組みと、注目の共創型取り組みを仕掛ける今に迫る〈 SDGsゴール No.6, No.8, No.12, No.13 〉

 

■主催:

一般社団法人ソーシャルプロダクツ普及推進協会

 

■日時:

2月18日(木)15:00~16:30

 

■場所:

オンライン(Zoom)

 

■定員:

100名

 

■参加費:

1,000円

 

■プログラムの流れ:

(1) 講演「セロテープとニチバンの70年以上に渡るソーシャルな取り組み」

  小林英治 様(ニチバン株式会社 テープ事業本部 上席執行役員本部長)

(2) 座談会「BtoB企業も必見!共創型取り組みの実践事例」

  小林英治 様(ニチバン株式会社 テープ事業本部 上席執行役員本部長)

  江口 泰広(APSP会長・学習院女子大学名誉教授)

  中間 玖幸(APSP 専務理事)

  深井 賢一(APSP事務局長・株式会社YRK and CMO/取締役 兼 TOKYO代表)※司会

(3) 挨拶

        江口 泰広(APSP会長・学習院女子大学名誉教授)

 

■申し込み方法:

peatixからお申込みください。(https://apspevent20210218.peatix.com/

 

■関連Webページ:

http://www.apsp.or.jp/seminar/seminar33_20210218/

 

■お問い合わせ:

一般社団法人ソーシャルプロダクツ普及推進協会

http://www.apsp.or.jp/inquiry_seminar/

 

PAGE TOP