イベント・ニュース

【3月27日(土)】(高校生以上対象)Let’s きらきら~ごみから生まれる、千年宝物づくり~

2021.03.19

海洋汚染の要因であるマイクロプラスチックを回収し、それらを素材としたハンドメイドアクセサリーを製作しているブランド“sobolon”さんにご協力いただき、「可愛い”で地球を守る!」をコンセプトに、プラスチックごみを素材としたアクセサリー作りを通じてプラスチックごみ問題について考えるイベントを開催します!

 

近年、プラスチックごみによる海洋汚染や生態系への悪影響が少しづつ明るみに出てきており、テレビ等で耳にしている方も多くいらっしゃると思います。プラスチックごみ問題は、SDGsゴール14「海の豊かさを守ろう」やSDGsゴール12「つくる責任つかう責任」と関連しており、海洋ごみの抑止や大幅な削減は、2025年(あと5年!!)を目標掲げられており、達成に向けて一人一人が具体的なアクションを起こしていくことが必要です。

 

■イベント名:

【3月27日(土)】(高校生以上対象)Let’s きらきら~ごみから生まれる、千年宝物づくり~

 

■主催:

京都市(京エコロジーセンター指定管理者:公益財団法人京都市環境保全活動推進協会)

 

■日時:

3月27日(土)10:00~12:00、もしくは14:00~16:00 (同日2回開催)

 

■場所:

京エコロジーセンター(京都市)

 

■定員:

各回10名(10:00~、14:00~)

 

■参加費:

2,000円(アクセサリー材料費)

 

■プログラムの流れ(2時間):

(1)京エコロジーセンターの紹介、企画趣旨説明

(2)講師によるお話とワークショップ

 プラスチックごみ問題について・プラスチックごみを素材としたアクセサリー作り

(3)質疑応答

 

<講師>sobolon  山崎 姫菜子さん、sobolon  和田 佑梨香さん

 

▼“sobolon”とは?▼

https://www.sobolon.com/

\”可愛い\”で地球を守る!海洋汚染の要因であるマイクロプラスチックを回収し、それらを素材としたハンドメイドアクセサリーを製作しているブランドです。

 

■申し込み方法:

当センターホームページ、電話(075-641-0911)、来館にて受付

 

■関連Webページ:

https://www.miyako-eco.jp/event/event-14979/

 

■お問い合わせ:

公益財団法人京都市環境保全活動推進協会   〒612-0031京都市伏見区深草池ノ内町13

TEL: 075-641-0911/FAX:075(641)0912  メール:ecocen2@miyako-eco.jp