会員数 1,589 団体

ニュース

【11/11(木)ウェビナー】シャープの液晶技術から生まれた適温蓄冷材が創造する新たな価値

2021.10.22

液晶材料の研究で培った技術をベースに開発した蓄冷技術「TEKION(テキオン)」は、単に冷やすのでなく、ヒトやモノにちょうどよい、適切な温度を保つことができます。

また、これまでの蓄冷材と比較し、凍結にかかる消費電力量が削減されたことにより環境に与える負荷を抑制、および繰り返し使用することのできる素材を活用することによる、持続的な消費と生産を実現。

さらに、電力を必要としないため、人のいない時間帯に置き配が可能になるなど、長時間労働が社会問題化している現代において、働き方改革のサポートとなり得る商材としても期待されています。

当ウェビナーでは、TEKIONSDGsの観点で貢献できるポイントも紹介いたします。

 

■関連するSDGsゴール

3,7,8,12,13

 

■主催

主催団体:シャープ株式会社

 

■日付

1111日(木)

 

■時間

10:00~11:30

 

■場所

WEB上(オンライン)

 

■定員

100

 

■参加費

無料

 

■プログラムの流れ

〇定温輸送の課題

〇適温蓄冷材技術の紹介

〇導入事例の紹介

SDGs貢献項目(消費電力削減に伴う環境負荷抑制、再利用可能素材活用による持続的な消費と生産の実現、働き方改革のサポート)について

〇ドライアイス代替商材の紹介

 

■申し込み方法

https://webinar.jp.sharp/bd20211111-01?mail20211022

 

■お問い合わせ先

シャープ株式会社

ウェビナー事務局

E-mailwebinar@sharp.co.jp