会員数 1,589 団体

ニュース

【12月18日(土)】「バイオマス発電ってほんまにエコなん?~バイオマス燃料をめぐる国際機関と欧州の動き~」

2021.12.17

気候危機に対処するため2050年カーボンニュートラルをめざし、再生可能エネルギーを可能な限り拡大するという日本政府が掲げる目標実現に向け、バイオマス発電への注目が高まっています。しかし、木質バイオマス発電は「燃焼時の温室効果ガス(GHG)排出量が石炭火力発電よりも多い」、「燃料となる植物が再びGHGを吸収するまでに数十年以上の年月がかかる」などの問題点が、研究機関により示されており、欧州では規制の動きが始まっています。このたび輸入バイオマス発電の問題を調査・発信しているNGOメンバーをゲストに迎え、欧州(EU)や国連などの見解を読み解き、「バイオマス発電が本当にエコなのか」を考えます。

 

■関連するSDGsゴール

15

■主催

主催団体:ウータン・森と生活を考える会、国際環境NGO FoE Japan、地球・人間環境フォーラム、熱帯林行動ネットワーク(JATAN

バイオマス産業社会ネットワーク、Fridays For Future SendaiMighty Earth

 

■日付

1218日(土)

 

■時間

14:3017:00

 

■場所

オンライン、大阪

 

■定員

オンライン100名、大阪12名

 

■参加費

無料

 

■プログラムの流れ

〇講師:小松原和恵さん(FoE Japan

 2020年よりFoE Japanの委託研究員。生物多様性保全の観点からバイオマス発電問題に取り組む。

 

〇川上豊幸さん(熱帯林行動ネットワーク(JATAN))

レインフォレスト・アクション・ネットワーク日本代表。熱帯林行動ネットワーク(JATAN)運営委員。AMネット理事。2013年頃から

 NGOのネットワークであるプランテーション・ウォッチのメンバーとしてパーム油問題に取り組み、金融面からのアプローチも日本で開始した。

 

 

■申し込み方法・お問い合わせ先

https://forms.gle/o4dLWE1Y44FgxTUGA