会員数 1,692 団体

イベント

市民シンポジウム「動物虐待事件の実効的対応を考える」

2022.09.28

関連するSDGsゴール

  1. 15 陸の豊かさも守ろう

この度、兵庫県弁護士会では、市民シンポジウム「動物虐待事件の実効的対応を考える」を開催いたします。 
今回は、昨年度のシンポジウムに引き続き、動物愛護団体の代表としてこれまで実際の動物虐待事案に積極的に関わってきた杉本彩氏を迎え、また、当会会員より、動物虐待対応の専門家組織として全国初となる「NPO法人どうぶつ弁護団」の設立経緯や事業概要を、神戸市獣医師会所属の獣医師より、動物愛護、虐待防止に関する活動及び諸機関との連携について、それぞれ報告していただきます。
パネルディスカッションでは、具体的な事案が発生した場合の実効的な対応フローの協議を行うため、本シンポジウムを開催することとしました。

 

■主催・共催

主催団体:兵庫県弁護士会

共催団体:日本弁護士連合会

 

■日付

10月3日(月)

 

■時間

13:00~15:30

 

■場所

兵庫県弁護士会館4階講堂及びZoomオンライン

 

■定員

会場参加(先着80名)及びZoomオンライン(先着1,000名)

 

■参加費

無料

 

■プログラムの流れ

第1部 基調講演 動物虐待事案の傾向及び処罰について
講師 杉本 彩氏(公益財団法人動物環境・福祉協会Eva理事長)
    
報告①「NPO法人どうぶつ弁護団」の概要及び機能について
報告者 勝又 陽香氏(弁護士、NPO法人どうぶつ弁護団理事)
    
報告②動物の代弁者である獣医師の社会貢献と法獣医学
報告者 佐々井 浩志博士(獣医学、(公社)神戸市獣医師会副会長)
 
第2部 パネルディスカッション テーマ:「動物虐待事案の実効的な捜査のための体制整備について」
パネリスト 杉本 彩氏(公益財団法人動物環境・福祉協会Eva理事長)
      佐々井 浩志博士(獣医学、(公社)神戸市獣医師会副会長) ほか
コーディネーター 細川 敦史氏(弁護士、公害対策・環境保全委員会委員)

 

■申し込み方法

会場参加のみ事前申込制/下記URLからお申込みください。申込期限:9月26日(月)。
定員に達した場合は申込締め切り前であっても受付を締め切ります。また申込締切後も受付を行っている場合がありますので、その場合は兵庫県弁護士会に直接お問合せください。

会場参加申込URL:https://ws.formzu.net/dist/S63701254/

 

Zoomによるオンライン参加については、どなたでも1000名まで参加可能です。Zoomオンライン参加については、事前申込は不要ですので、開演時刻以降に下記のURLからご参加ください。
Zoomによるオンライン参加URL:https://us06web.zoom.us/j/83122040162

 

■お問い合わせ先

兵庫県弁護士会事務局
神戸市中央区橘通1-4-3
TEL:078-341-7061

(講演会当日は対応致しかねますので、お問い合わせは9月30日までにお願い致します)

 

■その他

詳細はこちら