会員数 2,668 団体

イベント

企業における自然再生活動を通じた生物多様性保全~企業の社会的価値を求めて~

2022.12.21

関連するSDGsゴール

  1. 8 働きがいも経済成長も
  2. 12 つくる責任つかう責任
  3. 13 気候変動に具体的な対策を
  4. 14 海の豊かさを守ろう
  5. 15 陸の豊かさも守ろう
  6. 17 パートナーシップで目標を達成しよう

環境省では、令和3年のG7サミットにおいて2030年までに生物多様性の損失を止め、回復軌道に乗せる「ネイチャーポジティブ」や、生物多様性の観点から2030年までに陸と海の30%以上を保全する「30by30目標」に取り組むことを約束しました。
令和4年度からは、民間の取組等によって生物多様性の保全が図られている区域を「自然共生サイト(仮称)」として認定して保全活動を展開していくために、今年度は試行期間として審査プロセスの試行・検証その他課題検討を行い、令和5年度より正式に認定を開始する予定となっています。
本会合では、生物多様性保全の先進的な取組を通じて、企業の新しい価値を創造している実践者をお招きして、事例やそれを進める上でのご担当者の葛藤をお話いただきます。それにより生物多様性についての知見を深め、関わる方同士のネットワークを形成することを目的としています。

 

■主催

主催団体:近畿地方環境事務所、きんき環境館

 

■日付

1月17日(火)

 

■時間

14:00~16:30

 

■場所

QUINTBRIDGE

 

■定員

現地20名(先着順)、オンライン最大100名

 

■参加費

無料

 

■プログラムの流れ

・開会あいさつ(2分)
・趣旨説明(3分)
・事業説明(30分)
・事例紹介①(30分)
  積水ハウス株式会社 ESD経営推進本部 環境推進部 課長 八木 隆史様
・事例紹介②(20分)
  サントリーホールディングス株式会社 サステナビリティ経営推進本部 サステナビリティ推進部 天然水の森グループ 課長 市田 智之様
・事例紹介③(20分)
  パナソニック株式会社 くらしアプライアンス社 人事センター 総務部 施設環境課 環境管理係 主務 中野 隆弘様
・質疑応答(10分)
・トークセッション(パネル形式)(30分)
・閉会・事務連絡(5分)

 

■申し込み方法

https://forms.gle/H423yfbt2nHhZ72h8

(会場希望者が多い場合はお断りをして、オンライン視聴をお願いする場合があります。)

 

■お問い合わせ先

きんき環境館 06-6940-2001 担当:蒔田、田中
近畿地方環境事務所 06-6881-6503 担当:結城、森 

 

■その他

チラシはこちら