会員数 2,668 団体

イベント

企業を対象とした気候変動影響の適応に関するシンポジウム「近畿地域における企業の気候変動適応推進に向けて~サプライチェーンの視点から考える~」

2023.02.01

関連するSDGsゴール

  1. 8 働きがいも経済成長も
  2. 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  3. 13 気候変動に具体的な対策を
  4. 17 パートナーシップで目標を達成しよう

近畿地域でも、台風や豪雨などによる経済的損失、熱中症による従業環境の悪化、気候変動による市場ニーズの変化など、気候変動による事業活動への影響が拡大しており、将来にわたり気候変動影響を回避・軽減する「適応」の重要性がより高まっています。
本シンポジウムでは、気候変動と民間企業に関わる最新動向や取組、平成29年度から開催の「気候変動影響の適応に関する企業研究会」で議論し、とりまとめた提言について紹介するとともに、サプライチェーンを通した適応推進についてのディスカッションを通じて、近畿地域の産業の強み強化にもつながる適応の取組を一層推進していくことを目的として開催します。

 

■主催・実施

主催団体:近畿地方環境事務所

実施団体:株式会社地域計画建築研究所(アルパック)

 

■日付

2月10日(金)

 

■時間

10:00~12:00

 

■場所

オンライン開催(Webex)

 

■定員

なし

 

■参加費

無料

 

■プログラムの流れ

●話題提供
 ①民間企業における気候変動適応とは
 環境省 地球環境局 総務課 気候変動適応室 室長補佐 秋山 奈々子 氏
 ②民間企業における気候変動適応の取組事例
 大和ハウス工業株式会社 環境部 環境マネジメントグループ 主任 飛田 珠子 氏
 株式会社ニチリン サステナビリティ推進準備室 室長 森 浩一 氏
 ③「近畿地域における民間企業の適応推進に向けた提言」について
 株式会社地域計画建築研究所(アルパック)
●パネルディスカッション
 パネリスト:飛田 珠子 氏、森 浩一 氏、秋山 奈々子 氏
 一般財団法人関西情報センター 常務理事 竹中 篤 氏
 コーディネーター:株式会社地域計画建築研究所 (アルパック) 取締役兼名古屋事務所長 畑中 直樹氏

 

■申し込み方法

下記Googleフォーム、もしくは、氏名、所属、役職、メールアドレス、電話番号を明記の上、下記アドレスまでE-mail にてお申込みください。(2月8日(水)締切)
Google フォーム:https://forms.gle/E4RtyxDHuFetW6eH8
E-mail:kinki-tekiou@arpak.co.jp

 

■お問い合わせ先

(株) 地域計画建築研究所(アルパック)大阪事務所(担当:駒、植松)
E-mail:kinki-tekiou@arpak.co.jp