会員数 2,668 団体

イベント

第12回国際シンポジウム「The Challenges of Transdisciplinary Education and Research: What Can Japanese Universities Learn from the European Experience」

2023.09.20

関連するSDGsゴール

  1. 1 貧困をなくそう
  2. 2 飢餓をゼロに
  3. 3 すべての人に健康と福祉を
  4. 4 質の高い教育をみんなに
  5. 5 ジェンダー平等を実現しよう
  6. 6 安全な水とトイレを世界中に
  7. 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  8. 8 働きがいも経済成長も
  9. 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  10. 10 人や国の不平等をなくそう
  11. 11 住み続けられるまちづくりを
  12. 12 つくる責任つかう責任
  13. 13 気候変動に具体的な対策を
  14. 14 海の豊かさを守ろう
  15. 15 陸の豊かさも守ろう
  16. 16 平和と公正をすべての人に
  17. 17 パートナーシップで目標を達成しよう

第12回国際シンポジウムでは、昨年の第11回国際シンポジウムから引き続き、学際的教育研究について議論します。

具体的に、欧州の学際的教育研究の実践から日本の大学が何を学べるのかについて議論します。特に、欧州や日本において学際的なアプローチが実際にどのように活用されているのか、また、その成功や失敗の原因を探ります。

 

■主催

主催団体:京都大学大学院総合生存学館(思修館)

 

■日付

11月6日(月)

 

■時間

13:00~15:00/17:00~19:50

 

■場所

京都大学東一条館(https://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/access)とオンライン

 

■参加費

無料

 

■プログラムの流れ

詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/blog/2023/09/12/20231106

 

■申し込み方法

下記申し込みフォームからお願いいたします。※申し込み期限:116月) 12:00(正午

https://forms.gle/TiH9FXWLWx4df4wf7

 

■お問い合わせ先

京都大学大学院総合生存学館(思修館)

12回国際シンポジウム事務局

606-8306 京都市左京区吉田中阿達町1番地

Email:gsais-sympo@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp