会員数 2,343 団体

イベント

「水都大阪のバタフライエフェクト~いのちをめぐる人・まち・世界」

2024.02.07

関連するSDGsゴール

  1. 4 質の高い教育をみんなに
  2. 6 安全な水とトイレを世界中に
  3. 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  4. 11 住み続けられるまちづくりを
  5. 13 気候変動に具体的な対策を
  6. 17 パートナーシップで目標を達成しよう

2025年の大阪・関西万博「いのち輝く未来社会のデザイン」に向け、多様な価値観が交錯するラウンドテーブルとして2022年から中之島で開催する「サイエンスアゴラin大阪」。今回は、いのち、水環境、まちづくり、建築、防災等の専門家や実践者が集い、個々の研究や活動の点と点を繋げ、思考・思想の線や円を描き、対話の循環を通じて、一人と世界の関係性について考察を深めます。

 

■主催・共催・協力・後援

主催団体:大阪大学21世紀懐徳堂

共催団体:科学技術振興機構、クリエイティブアイランド中之島実行委員会、アートエリアB

 

■日付

3月15日(金)

 

■時間

18:302030

 

■場所

大阪大学中之島センター10階 佐治敬三メモリアルホール(大阪市北区中之島4-3-53)

 

■定員

120名(要事前申込・先着順)*オンライン配信あり(申込不要)

 

■参加費

無料

 

■プログラムの流れ

基調講演「『いのち』に立ち返る意識と行動~『いのち会議』と『いのち宣言』」

 堂目卓生(大阪大学社会ソリューションイニシアティブ長)

ディスカッション「水都大阪のバタフライエフェクト~いのちをめぐる人・まち・世界」

 登壇者:沖大幹(東京大学総長特別参与、大学院工学系研究科教授)、永山祐子(永山祐子建築設計 代表)、

     杉本容子(株式会社ワイキューブ・ラボ代表取締役/一般社団法人水辺ラボ代表幹事)、

     防災ファッションラボ「万博×環境 未来を描こうプロジェクト」(万博未来研究会)防災班ユースメンバー(多田裕亮、古市優衣、松浦翔多朗) 

 ファシリテーター:堂目卓生

 

■申し込み方法

特設サイト内WEBフォームよりお申込みください。オンライン配信あり(You Tube)

https://21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp/scienceagora_r06/

 

■お問い合わせ先

大阪大学21世紀懐徳堂 木ノ下智恵子准教授

E-mailscienceagora@21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp